本山 博 紹介

 米国カリフォルニア人間科学大学院大学(CIHS)の学長 
として、著名な教授たちを率い世界的な一流大学の卒業生たちに講義・研究・学位の指導を行っています。
 また、近年ますます医学的診断価値が高まっているAMI(本山式経絡臓器機能測定機)の発明者としても世界的に広く知られています。


多くの論文が内外で高く評価されており、
著書「超感覚的なものとその世界」
ユネスコ哲学部門優良図書に推薦されています。 
高次の霊覚者でもある本山博は高い学識と深い洞察力を基に、現代科学と東洋思想を統合した視点から、身体・心・魂を研究
対象とする新しい科学を確立されつつあります。

ユネスコ
国際連合教育・科学・文化機関の略称。戦争の防止や国際平和を目的とする。



-略歴-

1925 香川県小豆島に生まる

1951 東京文理科大学(現筑波大学)哲学科卒業

1956 同大学院博士課程修了

1958 東京文理科大学記念賞受賞
          (「東西神秘思想の研究」により)

1960 宗教心理学研究所所長〜現在に至る

1962 文学博士(哲学・生理心理学)。
          マクドーガル賞(「超心理学の電気生理学的研究」により、
            アメリカ・デューク大学超心理学研究所より授与。

1963 インド、ラジャスタン大学にてヨガの電気生理学的研究
         に関し研究と講義

1969 インド、アンドラ大学大学院客員教授
 〜70        (超心理学、生理心理学)


1972 国際宗教・超心理学会(IARP)会長〜現在に至る
    
    国際心理学会大会、心理生理学セクションの議長

1976   インド、ヨーガ・ビハールスクール
           (スワミ・サッチャナンダ主宰)顧問

1977 イタリア学士院アカデミア・チベリナ正会員
    スペイン、第2回世界超心理学会副会長

1980   アメリカ「ジャーナル・オブ・ホリスティックメディスン」誌
           編集委員

1983  インド、ヒンズー大学医学部ヨーガ研究センター海外委員

1988  ブラジル、国際オルタナティブセラピー学会にて特別講演

1989 アメリカ、フェッツアー財団にて特別講演

1990  フランス、第1回人体エネルギー国際大会にて特別講演

1991   南カリフォルニア大学院(SCI)日本校設立・学長

1992  フランス、第2回人体エネルギー国際大会にて特別講演
           カリフォルニア・ヒューマンサイエンス大学院
          (CIHS)設立・学長

1993  ブラジル、アドバンスド・メディカル・アソシエイション理事

1994  本山人間大学院・日本センター(MIHS)を設立・学長

1995  カナダ、第3回鍼灸医学と自然医学国際大会
            にて基調講演

1996  J.B.ライン博士誕生百年記念賞受賞

1997  コスタリカ国連平和大学にて講演
           米国UCLAメディカルセンターで行われた
           「仮想現実と超生物学」シンポジウムで特別講演
 


トップページヘもどる